LINEで送る
Pocket

播磨の法隆寺といわれている加古川の鶴林寺を訪問してきました。

神社仏閣めぐり。  いい趣味かも。 午前中の訪問 気持ち良かったです。

007

癒されます。

002

003

小さいころにつれられていったらしいですが、、、 記憶にございません。

姫路城との関連も歴史的に多いようです。  併設されている資料館で 戦後70年「忠魂の遺書」 として

特攻隊の写真や、半紙にしたためられた言葉や 血で書かれたものなどが展示されていました。

 

戦時中 加古川には加古川飛行場という軍事施設がありました。 全国から特攻隊員が 知覧の飛行場へむかう中継地点とされていました。加古川飛行場の滞在では、陸軍指定旅館 中村旅館を利用し、命令が下ると 知覧へ飛んでいき、そこから神風特攻隊として 突撃していったのです。  最後の夜 したためられた書物や写真 やはりすごいです。  いつかかならず知覧の特攻記念館にはいかなくてはなりません。

 

内部の撮影は禁止です。 入口に貼られていたポスターだけ撮影させてもらいました。

001

大和魂。

 

004

今度東京にいったら靖国神社いこうかな。

005

 

一緒に訪問した親戚のおばさんは四国のお遍路さんをしております。 いま半分くらい とのことです。

本格的に 白い服を着て もちろん徒歩 とのこと。 道中 ほぼ大半はひとりだそうですが、まれに出会いがありふたりになることもあるらしいです。  印象にのこった話をひとつ。

 

◎ひとりでいるときは迷子にならないが、ふたりでいると迷子になる。

 

なんともおもしろい 真理をついている。  ひとりの時は気が張っている。 ふたりになると言いにくかったり 大丈夫だろうと楽観したり。

仕事も同じかな??  群れたり 依存したり。    私は群れるのも依存するのも大嫌いです。

 

009

ごちそうさまでした。

 

011

010

子供のころ これのぞくの大好きでした。    かわるがわるのぞいた穴から~ 何が見えたかな~

 

 

お盆ですね。 ご先祖様や先に逝った方々に想いを馳せましょう。

 

LINEで送る
Pocket