LINEで送る
Pocket

すごいっ!!  つもってるぅぅぅ~♫  やったー♪

001

 

9時から商工会議所で健康診断なのですが、、ヒマですし、その後の予定もないので、、、 迷わず徒歩で約50分、商工会議所を目指します! 遠いなあ、やっぱり車か、自転車にしようかなあ。。。

004

いつもの定点観測、雪~♪

005

てくてく歩いていますと、元同僚の先輩と後輩に会うことができました。

お会いしたときに、、、笑顔でいられるように、頑張らなくては!!

非日常が大好きです。  毎日が日曜日です。  最近 曜日を気にしたことが無いです。

 

8時55分に 無事商工会議所に無事到着しました。 待合室にはいると、6名の方が先着で座っておられました。私は7番目の到着です。 9時をすこしまわって、職員の方が「医師会の先生と検診バスが 雪のために到着がおくれています。」 とのことです。9時前に到着したのは私が最後でした。 私より先に到着していた方々は全員私よりも年配の方で、「問診票があれば、先に書きます。」  とおっしゃられましたが、あいにく問診票も先生が持参するようで、完全にすることもなく ただただ待つのみです。 去年もそうでしたが、、、 本当にレベルが低い。

9時半になり、やっと先生とバスが到着し、問診票が配られました。  そのころには 待合室(単なる会議室)には30名ほどになっていました。問診票が配られて5分ほどすると、、、 担当者がスゴイことをいいました。

「書き終わった方から こちらに並んでください。」

 

って オイッ!!!   さすが医師会、半官組織。  民間出身者であれば、、、 こんなことは言わない。

遅刻してきた若者は、問診票なんて いいえ を選択するだけなので、、、5分もああれば書き終える。

私より先にいた6名の50代~60代の人々は、、、 おそらく8時45分くらいから 45分も待ってたのに。。。

しかも みなさん イライラして待ってたのに!!  5分では書き終わらずに、、、 最後尾に並ぶはめになりました。

本当に、、、 サラリーマンの頃に受けていた健康診断とは、、、 もう、、、レベルが違い過ぎて唖然とします。

自己負担15000円です。 去年はオプション付けまくって3万払いました。  もう、対応のレベル、機材や看護婦のレベル すべてが最底辺です。考えられないほどの低レベル。   結局、その場にいる担当者のレベルが凄まじく低い。  中卒レベルか??  看護婦や商工会議所職員って アホでもなれるのか??

ひと通り終わると 最後にバスに乗り込んで レントゲンとバリウムです。 私は2番手で スピーディーにここまできました。

「そちらのスリッパに履き替えてバスにはいってください」 って、、、  スリッパ たしかにあるけど、、、 雪でベチョベチョやないか~いっ!! もう、、この扱いに耐えられない。 本当に ひどい扱いです。 1万5千円。  おそらく 僕は健康です。。。

 

遅刻に対して謝罪もなく、 長時間待っていた者の気持ちをくみ取れず、、、 文句を言うと モンスター。

 

本で読みましたが、、、 はじめからモンスターペアレントや、モンスタークレーマーはほとんどいないそうです。  担当者がモンスター化させないように気を付ければ、、、 大半のモンスター化は防げる。  結局、顧客と接点のある担当者に どれだけレベルの高い従業員を配置できるか  がポイントです。

モンスターにうまく対応するには   ではなく   モンスター化させない   のが大切です。

 

2年連続、最低レベルの健康診断でした。

LINEで送る
Pocket