LINEで送る
Pocket

ややこしいこととめんどくさいことが好きではない。

確定申告さんは、ややこしい上に、スーパーめんどくさいのである。

 

今日は万引き家族。

映画館は、年寄りばかり。

歩くスピードも、一般常識も、一般教養も。

おそろしいレベル。。

 

戦慄。

 

年寄りしかいない。。

 

年はとりたくない。。

 

姫路の超有名店。

肉飯セット。

久しぶりに食べました。

かなりおいしい。

こってりとしていて、それでいてあっさりとしている。

 

 

 

昔、と言っても10年くらい前、映画鑑賞の好きな女性がいた。

 

その女性は目鼻立ちがくっきりしていて、フランス人のような容姿で、髪の毛は2センチくらいでしかもピンク色だった。

僕たちは映画館にほど近いコーヒーショップで、今からみる映画について話すのではなく、今からみる映画の座席について、熱く議論を交わしていた。

いや、もっと正確に言おう。

 

僕だけが熱く、お願いをしていたのだ。

僕だけが熱く熱く、懇願していたのだ。

 

 

「君の言っていることは、よくわかるよ。

でもね、、

せっかく時間を合わせて、一緒の映画を一緒のスクリーンで見るんだ。

ぼくは、君の隣の席で映画をみて、終わったあとに、30分でいいから、感想を話しあいたいんだ。

 

もう一度言うよ。

 

せっかく時間を合わせて一緒の映画を一緒のスクリーンで見るんだ。

 

2人並んで、隣の席で見ようよ。

 

それにね、この映画をみたいって言ったのは、君のほうなんだよ。」

 

 

僕は彼女を見つめ、必死に食い下がった。

 

彼女はうつむいて静かに首を振る。

大きな輪っかのピアスがキラキラ光って、耳から落ちるんじゃないかと心配になった。

 

「映画ってね、1人の世界で、ひとりで向き合って、一人で見るものなのよ。

 

あなたのとなりで見たくないって、言ってるんじゃないの。

 

私は、誰の隣であっても 嫌なの。

今までもそうだし、これからもきっとそう。

映画って、ひとりでみるものなのよ。

 

 

どうしても隣の席で見たいって言うのなら、、

 

ごめんなさい。今日は私もう帰るわ。」

 

彼女はそう言って、本当に帰るそぶりを見せる。

彼女との短い付き合いのなかで、それが演技ではなく本気であることは容易にわかった。

 

ここで僕が折れなかったら、彼女は100%帰っていただろう。

 

「オーケー、わかったよ。

 

僕は映画館の一番後ろの一番端の座席で見る。

 

君は好きな座席で見ればいい。

 

そして、映画が終わって気が向いたらお互いの感想を話しあおうよ。

 

これでいいかい?」

 

彼女は小さくうなずく。

 

僕は彼女の気持ちが変わらないうちに、テキパキと会計を済ませて2人で映画館に向かった。

 

僕は劇場の右端の一番後ろの座席。

彼女は真ん中の左寄りの座席に座った。

 

 

映画が終わり、エンドロールか流れ、少し明るくなった。

僕は心の中でゆっくりと5つ数えてから彼女の方を見た。

 

 

 

そこにはもう、彼女の姿はなかった。

 

 

 

追いかけても無駄だと、このときはっきりとわかった。

 

 

 

LINEで送る
Pocket