LINEで送る
Pocket

前回のあらすじ

前半を0-0で終了し、ハーフタイムに補欠のおっちゃんから相手チームが8人であるという情報がはいり、

我がチームになにかのスイッチがはいりました。

 

あと5分ほどでハーフタイムが終了します。まずは相手チームの人数確認です。みんなで相手チームの人数をかぞえました。

「11人 ちょうどおるやん」「9人や」「審判いれて11人や」 情報が錯そうします。混乱が生じていました。

「1,2,3,・・・  あかん 動くから数えられへん!!」「さっきトイレの大のほうにだれか気配がしましたよ。」

 

3以上の数を数えることのできない我がチーム。審判に確認することになりました。

「ああ、相手チームさん、8人ですよ。田植えがかさなったみたいですね。」

かくして、運命の後半戦です。

後半のキックオフから、我がチームの怒涛の攻撃が始まりました。前半と同様に攻めまくりです。しかし、決定力のなさとやることなすことからまわり状態で、時間ばかりが過ぎていきました。慣れないスライディングタックルなどもとびだしました。ぜんっぜんとどきませんでしたが、気迫あふれるプレーです。勝利に飢えた11人です。するとどうでしょう、いつものことではありますが、みんな動かなくなってきました。体力の限界です。ようするにバテているのです。

まるで電池切れのおもちゃのようです。 まったく走らない選手がでてきましたが、意識は勝利を欲しています。「そこ、もっとがんばれ!!」

「がんばって走れ!!」 「もっとくいこめ!!」 指示はかなり抽象的です。残り時間が10分くらいになったとき、得点できそうな雰囲気はありませんでした。そこには汗まみれで、土まみれで、口でハァハァいいながら息のあがっている11人のおっちゃんがいました。「くそう、なかなか得点できひんなあ」「もうちょっとやのに」「ボールが敵のゴールにはいったら、1点はいるのに」

 

敵は、このときをまっていたのです!! 突然、相手チームが攻めてきました!!「みんな守れ!!」

「ええから ゴールを守れ!!」 どこまでいっても抽象的です。キーパーの前にボールがでました。

キーパー飛び出す!! 相手チームのフォワードと1対1だ!! ああ~   キーパーがぬかれたあああああ

ああああああああ   ゴ~~ル!!!!  歓喜に沸く相手チーム。   1-0 となりました。

まだ試合時間は10分ほどのこっています。  この歴史にのこる大一番はここで終わらなかったのです。

 

 

 

次回 感動のフィナーレへ続く

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket