LINEで送る
Pocket

激しい雨の音で目が覚めた。

どうやら知らぬ間に寝てしまっていたようだ。

6時30分。

明け方の6時30分か、夕刻の6時30分か、

起きたての脳みそでは判断がつかない。

僕はゆっくり起き上がり、窓に近づいて

カーテンを開けた。

どうやら夕刻の6時30分のようだ。

しばらく降りしきる雨を眺めていると 稲光が光った。

そしてすぐに大きな雷鳴が響く。

近い。

そういえば、昔、雷が鳴ると怯えて泣き出す女の子がいたっけ。

いたって本気の14歳。

彼女の足取りが早くなる。

ついには早歩きではなく、小走りになった。

「ちょっと待って、早すぎるよ。

まだ雨も降ってないし、もう少しゆっくり歩こうよ。」

彼女の家まであと5分。僕の家まではあと10分くらいだろうか。

徐々に上がっていく彼女の歩くスピードに自然に合わせて歩いていたが、さすがに小走りになっては、少々戸惑いを覚えた。

彼女は立ち止まり、僕の目を見る。

「ダメよ、早く帰らなきゃ。」

その目には、大粒の涙。あふれんばかりの涙。

その時、

空が光った。

「ギャアアアアアーーーー」

雷鳴と同時に、雷鳴のような叫び。

彼女はブルブル震えてその場にしゃがみこみ、耳を塞ぐ。

こらえきれない大粒の涙がアスファルトに落ちる。

いまなら、、

優しい言葉を掛け、

優しく肩を抱き抱えて歩くのが正解だとわかる。

しかし当時、悲しいかな その選択肢はそもそもなかった。

ぼくは立ち尽くし、かける言葉もなく震える彼女を眺めていた。

やがて彼女は立ち上がり、ぼくの目を見て、何も言わずに走っていった。

しばらくすると大粒の雨が降り出し、僕はずぶ濡れになった。

家に帰って、

しばらくは彼女の震える姿と叫び声が頭から離れなかった。

彼女は雨が降り出す前に帰れたのだろうか。

今でも彼女は雷が苦手なのだろうか。

そして、、

彼女は今、幸せに暮らしているのだろうか。

今日の雷が彼女を泣かせていませんようにと願った。

彼女は今、幸せに暮らしているのか。

これが、この文章のほとんどすべて。

この文章の主題である。

(この文章はフィクションです。登場人物や出来事は架空であり、実在しません。)

(官能的要素を加えて官能小説家を目指します!)

LINEで送る
Pocket