LINEで送る
Pocket

「40以上の年齢で夜中の1時半にラーメンが食べたくなったら、どうするのが正解だかわかるかい?」

「我慢する、ってのは正解じゃあない。」

「正解は、ライスも一緒に頼んでラーメンライスでかきこむ。

明確にこれが正解なんだ。

これ以外に解はないんだよ。」

そう言って彼は運ばれてきたラーメンとライスをきれいに並べて満足げに小さく笑った。

「これ以外に解はない。

数学の証明問題みたいなものだよ。

40歳以上で真夜中にラーメンが食べたくなった場合、ラーメンとライスも頼むのが唯一の解であることを証明せよ。

ほらね。

証明問題だよ。」

そう言って彼はこってりラーメンとライスをほおばった。

食べ終わって店を出ると、彼は得意そうにこう言った。

「そのうち、年齢を重ねていくとね、真夜中の1時半にラーメンが食べたい  って思う回数は絶対に少なくなって、やがて、もう真夜中にラーメンを食べたいと思うこともなくなると思うんだ。

あるいは真夜中にラーメンを食べたい と思うことはなくならないかもしれないが、物理的に食べることができなくなっていくと思うんだ。

たとえば健康。たとえば移動手段。たとえば深夜の外出のハードル。

いろんな理由で、食べたくても食べれないって状況になっていくと思うんだ。」

「だからね、オレは、

もし真夜中にラーメンが食べたくなって、外出できるなら、、迷わずにラーメンライスを食べる。

そのうち食べたいと思わなくなるか、食べたくても食べることができないようになるから。」

頭上には12月のオリオン座がきれいに輝いていた。

「さっきはね、

真夜中にラーメンライスを食べるのは、これが最後かもしれない。

そう思いながら食べたんだ。

格別においしかったよ。」

真夜中の空気は冷たく肌寒かったが、、体の芯は暖かく、頭はハッキリと冴えていた。

LINEで送る
Pocket