LINEで送る
Pocket

気温と忙しさは正比例。

ちょっと忙しいです。

ありがたいです。

お昼ご飯、バイキング。野菜多め。

おかわりはしないです。

甘いのは、、許しています。。

野菜鍋、大量です。

明日は9時から仕事です。

 

頑張ろう‼

 

 

◎大人のタイ語講座。レッスン3。

(雨上がりの交差点で運命的な出会い編)

 

ぼくにはわかっていた。

東南アジア特有のスコールが町の空気を洗う。

 

100メートル。

 

ぼくはプールで泳ぎ疲れた体でホテルから一番近いコンビニを目指す。

彼女は3人いる弟と両親の夜ご飯の食材の買出しのためにマーケットを目指す。

 

50メートル。

 

ぼくはコンビニでアイスクリームを買う。

バニラ味だ。

 

彼女はマーケットの向かいの交差点で信号を待ちながら夜ご飯のメニューを考える。

 

20メートル。

 

ぼくにはわかっていた。

 

コンビニを出るとすぐに信号が青に変わった。ぼくは水たまりをよけたつもりが、見事に水を跳ねあげてしまい、お気に入りのスニーカーがびしょびしょになってしまった。

 

彼女は何か考えごとをしてるみたいだ。

 

2メートル。

 

彼女と目が合う。

綺麗なブラウン。褐色の肌。ただ後ろでくくっただけのポニーテール。綺麗な胸のシルエット。

 

驚いた彼女の瞳。

ぼくはその運命の人に話かける。

 

 

ポム ファン トゥン クン トゥッワン クラッ。

(毎晩あなたの夢をみます。)

 

ポム ペン ファン クン サマーァ。

(あなたのこといつも心配しています。)

 

ポム ヤークジャ ユーガックン ナーングワニーィ

(あなたともっと一緒にいたい。)

 

サワディー クラッ。

(はじめまして。)

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket