LINEで送る
Pocket

二条城、ガイドツアー参加。

世界遺産です!

二条城は家康が京都へ来たときの居城です。

1600年、関ヶ原の戦い。

1601年、家康が二条城築城を西国諸大名に命ずる。

1603年、二条城完成。家康入城。

 

お城は南に正門があるものが多いですが、二条城は東に正門があります。

これは江戸の方角に向くようにすることと、御所(朝廷)に睨みを利かすためらしいです。

1614年、家康は二条城で大坂冬の陣、夏の陣の軍議を開き、二条城より出陣。

いろいろあり、

1867年、15代将軍慶喜が、二の丸御殿大広間に諸藩の重臣をあつめ、大政奉還の意思を示した。

(たった150年ほど前の話です)

 

二条城西門。

ここはガイドツアー参加者しか入れないとのことでした。

暗くて湿っぽい場所。

今では開かずの門で、お堀に橋もかかっていません。

 

西門。

 

この湿っぽい門から、、

150年ほど前に、、

 

15代将軍慶喜はたった数名の家臣と共に二条城を出て行き、以来、戻ってくることはなかったのでありました。。

(徒歩で大阪へ行き、船で江戸へ戻ったらしい)

 

1600年、関ヶ原の戦い

1603年、家康、征夷大将軍。江戸幕府。

1867年、大政奉還。

1868年、明治元年。

 

 

西門の木の部分。

 

当時の門番の落書き。

 

 

ガイドツアー、とても面白かったです。

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket