LINEで送る
Pocket

昨日の試合、ひどかった。

 

まず、前半の失点シーン。

壁は100%キーパーの指示で作ります。

壁が開いていたのは、キーパーの指示で、視界の確保。

言い換えると、、壁の間を抜けてきたボールは、オレがセーブする!と、鬼の形相で言っているようなもの。

 

予想通り、壁の間を雨のピッチでのセオリー通りの低い弾道でのシュート。

 

鬼の形相でゴールに吸い込まれるボールを目で追う。

 

ひどいよ。。。

 

2点目の後半早々の失点シーン。

 

鬼の形相で綺麗なファール。

せめてボールにさわろうよ。。。

ボールに一切触れずに敵さんにふれる。。。

鬼の形相でPK献上。

 

PKの反応も、、びっくりしました。

鬼の形相であらぬ方向へジャンプ!

久しぶりにカンで動くキーパーを見ました。

中学時代を思い出しました。

 

『左や!絶対左や!     左、左、左、ひだりーーーー‼』

 

『あーーー      右やったかあ。。。』

 

 

 

ホームで、時差ボケに苦しむ若手中心のガーナさん相手にこの敗戦。

 

方向性が見えましたね。

 

明るい兆しです!

 

LINEで送る
Pocket